第15回定期総会が開催されました

 あびこ型「地産地消」推進協議会の第15回定期総会が、平成30年5月12日(土)午後1時30分よりあびこ市民プラザ・ホール(あびこショッピングプラザ3階)で開催されました。

記事1の写真

 第1部講演会は『我孫子市をもっと知ろう』と題し、我孫子市市民生活部天王台行政サービスセンター長の丸山忠勝氏に弁じていただきました。知っているようで知らないところの多い市の歴史・概要を簡潔に説明、問題点が提示されました。

記事2の写真

 第2部定期総会は、会員の出席29名、委任状の提出63名の状況にて会則により成立しました。続いて、会則に基づき三宅会長が、総会議長に齊藤徳剛副会長を指名し議事進行しました。  審議においては、援農ボランティアの活性化策、会員増加への施策、農家会員の積極的参加・食育への取組策、部会役員の兼務解消問題、他にも予算縮小での活動への危惧について等の質疑応答がなされた後、挙手多数により全議案とも原案通り承認されました。

記事3の写真

 第3部会員懇談会では、地元農産物を使い旬菜厨房「米舞亭」の料理を中心に堪能しました。約28名の参加を得て会員相互の懇親を深めました。